あおぞら綜合          ・ 司法書士 元廣武志 ・土地調査士 上垣綾貴 ・不動産鑑定士 上垣小織 ・
ホーム > 業務の内容


業務の内容

建物表示登記
    ・建物を新築したとき, 増築したとき, 種類を変更したとき, 取壊したとき
    ・現地調査のうえ、図面が必要な登記の場合は、測量のうえ図面を作成する必要があるため、
     登記が完了するまで若干の日数がかかります。
    ・表示登記に準備する主な書類
     建築確認通知書・工事業者の工事証明書又は検査済証・住民票
     事案により他にも必要となる書類があることがあります。

土地分筆登記
    ・土地を2筆以上に分けるとき
    ・土地を分筆する場合は、分筆する土地と隣接の道路とか民地との境界を確定させた後に土地を測量します。
    ・隣地との境界確定の合意が出来ない場合は、民間ADR, 法務局の筆界特定制度等により筆界を特定したり
     あるいは裁判により境界を確定させるなどの手続きが必要となります。

地目変更登記
    ・土地の地目が変わったとき
    ・農地を埋め立てて家を建てたとき, 駐車場であった土地に家を建てた時など, 
     土地の使用目的及び状況が変ったときに行います。
    ・農地の転用のばあいは、予め農地を転用する許可を受けておく必要があります。

所有権移転登記
    ・売買したとき, 贈与したとき, 相続したときなど土地・建物の所有者が交代したとき等に行います。
    ・所有権移転登記に準備する主な書類
     売買契約書 (贈与証書) など移転原因情報書類
     義務者 (免許証など本人確認情報書類・印鑑証明書・義務者の実印・登記済証 (登記識別情報) )
     権利者 (免許証など本人確認情報書類・住民票・印鑑)
    ・相続登記は、相続を証明する書類として、被相続人の死亡時の戸籍の外に婚姻以前の戸籍など、
     必要ですから、どんな戸籍類が必要となるかは、ご相談下さい。
     複数の法廷相続人がある場合は、誰がどのように相続財産を取得するのかの話合い (遺産分割協議) が、
     必要となり、この書類には各人の印鑑証明書が必要です。

抵当権設定登記
    ・お金を借りて不動産に担保をつけるとき, お金を返済して担保を消すとき
    ・設定は、住宅ローンを借りて家をたてたときなどに必要です。
    ・抹消は、住宅ローンの返済が完了したときなどに行います。返済が済み銀行から抹消登記に必要な
     書類の返還を受けているのに放置している方がよく有ります。

貸借権の登記
    ・土地建物を賃貸借してその登記をしたいとき
    ・定期借地権契約をしたとき

会社の登記
    ・会社設立, 目的変更, 役員変更, 増資, 減資, 会社合併, 会社分割, 本店移転

法人の登記
    ・法人設立, 目的変更, 役員変更, 資産総額の変更, 事務所移転

債務整理
    ・サラ金・クレジット会社等からの責務について, 責権者の取立て行為を停止させ
     平穏な生活を取戻します。その上で, 収入の状況・負権の総額等を考慮して, 最善の
     方法により債務整理 (自己破産, 個人再生, 任意整理など) をサポートします。

過払い金取戻し
    ・過払い金を生じている場合は過払金の取戻しを行います。

自己破産
    ・債務額が過大で、所得から返済していくことができない場合に手続きを奨めます。

民事再生
    ・債務額が過大であるが、安定した所得が得られる場合とか自宅を手放したくない
     場合に手続きを奨めます。

訴訟代理
    ・訴訟の額が140万円以下の紛争で簡裁管轄事件は、依頼者の代理として法廷に出て解決を諮ります。
    ・敷金返還請求・賃料請求・貸金返還請求・物損交通事故・未払賃金請求

裁判所に提出する書類の作成
    ・訴訟代理に該当しない紛争について、訴状・準備書面等の書類を作成し、裁判の支援を行います。

消費者110番
    ・マルチ商法・訪問販売・ネット販売等の被害の救済について、相談・書類作成・裁判手続等を行います。

筆界特定代理
    ・筆界調査委員の経験を踏まえ、法務局に対する申立及び代理を行います。

成年後見
    ・成年後見等の申立書類を作成します。 また、希望により成年後見人に就任し後見事務を行います。

不動産鑑定
    ・相続財産評価, 会社等の資産評価, 不動産の有効利用のコンサルティングを行います。

遺言書
    ・自筆遺言書及び公正証書の作成をアドバイスします。
    ・自筆で遺言書を有効に作成するには、必要な要件があります。要件を満たさないと無効となりますから、
     折角の自分の意思が無駄になります。作成の仕方をサポートします。

遺産分割協議書
    ・遺産分割協議書の作成をアドバイスします。
    ・折角作成した遺産分割協議書が、必要な記載内容となっていないために、相続登記とか
     銀行口座の解約取戻しに使えないことがあります。

契約書
    ・定期借地契約書・一般貸賃借契約書, その他あらゆる契約書の作成をアドバイスします。
    ・契約書は現在の紛争解決または将来の紛争を予防するために作成するものです。
     その目的を達成させるためならあらゆる場面を想定した契約内容にしておくことが、重要です。
     豊富な法的知識と経験が必要となります。
 
農地法許可
    ・農地の売買・贈与等, 生前一括贈与, 農地の転用許可手続きを行います。

開発許可
    ・子女分家・沿道サービス・小売店等の開発許可・小規模開発許可・宅地分譲開発許可手続きを行います。

占有許可
    ・公有地占有許可, 道路使用許可等の手続きを行います。

補償コンサルタント
    ・公共事業に伴う建物・工作物・機械施設の補償金算定・営業・漁業補償その他特殊補償の調査・積算
    ・工事前及び工事後の事業損失補償の調査・積算
    ・公共事業に伴う事業認定・裁決申請書の作成





司法書士法の規律ページトップ
第1章 綱領
第2章 一般的な規律
第3章 依頼者との関係における規律
第4章 事件の相手方等との関係における規律
第5章 他の司法書士との関係における規律
第6章 司法書士会等との関係における規律
第7章 不動産登記手続に関する規律
第8章 商業及び法人登記手続に関する規律
第9章 供託手続に関する規律
第10章 裁判手続等に関する規律
第11章 成年後見に関する規律
第12章 その他の職務に関する規律
第13章 共同事務所における規律
第14章 司法書士法人における規律


  このページの先頭へ
 
 

ホーム  |  事務所案内  |  業務案内  |  業務の内容  |  あおぞらブログ  |  お問い合わせ